FC2ブログ

限界はないことを知れ

「デュエルはいつでも真剣勝負! 勝負は勝ってこそ華なんや!」
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

「魔導書の神判」考察

魔導書の神判

三大産廃カードがどや顔で写ってる《魔導書の神判》について考察させていただきます。
LTGY-JP063「魔導書の神判」速攻魔法
このカードを発動したターンのエンドフェイズ時、
このカードの発動後に自分または相手が発動した魔法カードの枚数分まで、
自分のデッキから「魔導書の神判」以外の「魔導書」と名のついた魔法カードを手札に加える。

その後、この効果で手札に加えたカードの数以下のレベルを持つ魔法使い族モンスター1体を
デッキから特殊召喚できる。
「魔導書の神判」は1ターンに1枚しか発動できない。

■考察
効果は2種類。青色で分けたサーチ効果赤色で分けたリクル効果

◇サーチ効果について
魔法を打てば打つだけ魔導書が多く集まる。
言ってしまえば全ての魔法カードに「エンドフェイズに魔導書を1枚手札に加える」が追加される。

これを使って《魔導書の神判》→《魔導書士 バテル》→《グリモの魔導書》→《セフェルの魔導書》→
→《魔導書院ラメイソン》と繋げば3枚魔導書が集まる。

構築にも寄るがある程度《魔導書の神判》を意識した構築なら2枚以上の魔導書を集められる。
なので今までの初手に魔導書を多く抱えないとスタートできない問題を解決してくれる効果と言える。

◇リクル効果について
《魔導教士 システィ》の特殊召喚を狙いたい。
即そのまま効果を発動して《魔導法士 ジュノン》をサーチして次のターンまで繋ぐことが出来る。
対ヴェルズの場合でも《お注射天使リリー》をリクル出来るのは魅力的であり、
やはり☆3のリクルまでは繋ぐことを意識したい。

■その場合の構築
実は《魔導書の神判》をそのまま扱うのは結構面倒。
先ほどの《魔導書の神判》+《グリモの魔導書》以外では強く使うことはできない場面が多々ある。

これをケアするためにアド損なしで魔法をカサ増し出来るカードを採用する。
逆にこれさえあれば《グリモの魔導書》から《魔導書の神判》をサーチして強く動くことが出来る。

一方抜くカードは今まで採用してきた魔導書。
サーチ効果の考察でも書いたように《魔導書の神判》のお陰で魔導書を多く握れるようになったため
《ヒュグロの魔導書》はわざわざ多く採用する必要はなく、減らすことを考えていい。

《セフェルの魔導書》も同様で初動の墓地肥やしが《魔導書の神判》で行えるようになったため
1枚構築にしてもいいと考えられる。

カサ増ししなければ「初手が良い時には強いね」程度だけれども
カサ増し構築なら安定して魔導書を増やせるパワカになるので神判を使うときは構築を是非寄せたい。
【 2013/01/17 (Thu) 】 魔導 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

反空

Author:反空
愛知で遊戯王をやってます。
ネットではADSをやってます。

使うデッキは魔導を回しています。

検索フォーム
Twitter
アクセスカウンタ
アクセス解析
YPRSSブログ